ゆりの里

お知らせ

◇2018年度太田吉沢ゆりの里フォトコンテスト結果◇
 応募総数:235点
 たくさんのご応募、誠にありがとうございました。

〇大賞(賞金5万円)
 霜村俊広様(群馬県太田市)画題「ゆりの里散策」

〇推薦(賞金3万円)
 村山晴好様(群馬県太田市)画題「ミスゆりの里」

〇特選(賞金1万円)
 鈴木 栄様(群馬県太田市)画題「朝靄に抱かれて」
 田部井一政様(群馬県太田市)画題「梅雨の晴れ間」
 千田完治様(埼玉県熊谷市)画題「至福の空間」
 野勢 誠様(神奈川県川崎市)画題「ピュア・ピンク」
 藤野 茂様(群馬県太田市)画題「光のシャワー浴びて」

〇優秀賞(記念品)
 綾部すが様(群馬県桐生市)画題「朝露を浴びて」
 奥沢光由様(埼玉県羽生市)画題「カラフルなユリ園」
 石井 稔様(群馬県桐生市)画題「咲き競う」
 金井好明様(群馬県太田市)画題「朝もやの中」
 木伏優二様(群馬県太田市)画題「初夏に咲く」
 栗城奈美様(東京都足立区)画題「初夏を彩る」
 小林雄三様(埼玉県秩父郡)画題「夏空の下 咲くゆり」
 齊藤冴子様(群馬県太田市)画題「静寂の中で」
 髙田朱美様(群馬県伊勢崎市)画題「優しい香り」
 高野英明様(群馬県太田市)画題「朝の貴婦人」
 立野公克様(栃木県足利市)画題「雨の散歩道」
 寺田英夫様(静岡県牧之原市)画題「丘に咲いたシンボル」
 中村鉄雄様(群馬県桐生市)画題「歌っている」
 野口浩昭様(埼玉県春日部市)画題「凛として」
 藤枝計夫様(千葉県柏市)画題「初夏の花園」
 町田 清様(群馬県太田市)画題「初夏の彩どり」
 森竹智法様(神奈川県横浜市)画題「梅雨の晴れ間」
 向井陽平様(東京都あきる野市)画題「ゆりの宴」
 矢野昭二様(群馬県高崎市)画題「傘の華」
 吉田 茂様(埼玉県入間市)画題「初夏のオアシス」

 ※賞金・記念品は9月中に発送させて頂き、表彰式は行いませんので、
  ご了承下さい。
                        以上

 


                   


トピックス

6/9 開園祈願祭
地元の鹿島宮の神主様による安全祈願祭を行いました。鹿島宮は「ゆりの里」の東エリアと西エリアの中央道路を山側に進むと石の鳥居があり、自然石を階段にした参道の先にあります。創建は文明10年(1478年)との事。御神徳は武運長久・国家鎮護・厄除開運・家内安全等で、神話の中の最強の武神(建御雷神:たけみかづちのかみ)であると伝えられています。

6/21 毛里田の七夕キャンドルナイト
7月7日(土)にキャンドルアーティストとして有名なキャンドル・ジュンさんが、七夕をテーマにプロデュースした約2500のキャンドルと灯籠を設置し、丘陵地を幻想的に演出します。地元の毛里田商興会を中心に小中PTA、子育連などでつくる実行委員会(岩崎武則委員長)が初めて企画した。

6/24 「バンドマン」昭和歌謡生演奏
地元で活躍している4人組のバンドグループ「バンドマン」による昭和歌謡(グループサウンズ・演歌等)の生演奏を行って頂きました。懐かしい曲目にご来園のお客様もハミングしたり、口ずさみされ楽しい時を過ごしました。

7/7 毛里田七夕キャンドルナイト
4千のキャンドルと竹灯籠にともった明かりが幻想的な空間を演出しました。アーティストのキャンドル・ジュンさんが地元の園児や小中学生らと一緒に願い事を書いた瓶のキャンドルを飾り、道路脇などに竹灯籠を置いた。大勢の家族連れやカップルが訪れ、優しくゆれる炎を写真に収めたり、自分で作ったキャンドルを見つけたりしていた。(7/8付上毛新聞より)

 

太田吉沢ゆりの里 フォトコンテスト


営業時間・料金

開園期間

2018年
6月9日(土)~ 7月8日(日)まで

※天候等の影響により変更となる場合がございます。

開園時間

  • 9:00~17:00

入園料

  • 大人:500円
  • 子供:200円(小・中学生)

住所

  • 群馬県太田市吉沢町2168
    (北部運動公園芝桜会場の東側)
  • TEL:0276-37-7050

駐車料

  • 500円(乗用車)
  • 2,000円(バス)

開花時期

太田吉沢ゆりの里「ゆり開花時期」

アクセス

お車で

アクセスMAP

  • 北関東自動車道 ・太田藪塚インターより15分
  • 太田桐生インターより10分
    ※鳳凰ゴルフ倶楽部の南です。

電車で

東武桐生線・東武伊勢崎線「太田駅」下車
(タクシーご利用で約10分)