寄せ植え・ギャザリングのアイデア【園芸ブログ】

ガーデン好きの方からいただいた寄せ植え(ギャザリング)のアイデアや体験談を集めました。

「無農薬・無肥料・コンパニオンプランツ」を意識した赤しそ・チャービル・フェンネルを用いたの寄せ植え

 赤しそ・チャービル・フェンネルなどを取り入れた寄せ植え(ギャザリング)

 

「種子をとって来年も再来年も栽培を続けていきたかった」

 

そう語ってくれたのは、コロナによる自粛期間をきっかけに大きなプランターでベランダ菜園を始めたという20代の女性。

 

ハーブやベビーリーフを料理にも使いたいと思われたようで、無農薬無肥料にこだわり土選びから時間をかけて取り組まれたそうです。

また寄せ植えをする植物も植物同士の相性を重視した「コンパニオンプランツ」と取り入れられていますので、ぜひ参考になさってください。

 

 無農薬・無肥料で育てたかったので、土選びにも時間をかけた

大きなプランターはネットで自分のベランダに合うサイズを探して購入しました。

無農薬無肥料で育てたかったので、土選びにも時間がかかりました。
調べ始めてから、1ヶ月ほどかけて選び購入しました。

 

寄せ植えのハーブにも相性があるので、お互いの成長を邪魔しないような種類を調べ、種を購入しました。
プランター、土、種を揃えるのに1.5ヶ月ほどかかりました。

 

 

コンパニオンプランツ」を意識した寄せ植えを

ハーブの中には、コンパニオンプランツといってお互いの成長を助け合う相性の良い組み合わせがあります。益虫を呼び寄せ、害虫を減らしてくれたりする組み合わせもあります。

赤しそ・チャービル・フェンネルなどを取り入れた寄せ植え(ギャザリング)

 

食べれるハーブの種類はもちろん、そういった寄せ植えした時にお互い助け合う関係性も重視しました。

 

また、種をとって毎年育てることも目標だったので、遺伝子組換えの種ではなく固定種の種から育てるようにしました。
なかなか発芽しない種も中にはありました。

 

そういった点では、種選びに苦労しました。色々な種苗メーカーがあるので、よく品種を見比べたり、育てやすい品種を探すのに時間がかかってしまいました。

土もなるべく肥料が少なく、化学肥料が入っていない土を選ぶなどかなりこだわりました。

 

 

ハーブは鑑賞だけでなくお料理にも

これから春を迎え、ハーブを育てはじめたい人には準備を始めるのにぴったりの季節かと思います。今のうちに自分の育てたい品種を調べたり、種を集めておくと良いかもしれません。

 

ハーブは鑑賞だけでなく、食べることもできるので土や肥料選びからこだわることで、オーガニック栽培も可能になります。
お料理に使いたいハーブの組み合わせを寄せ植えするのも楽しいかもしれません。

 


www.youtube.com

 

使用した植物

夏は特におすすめ!虫除け効果も期待できるハーブ(オレガノ・ ローズマリー)の寄せ植えアイデア

オレガノやローズマリーなどのハーブを取り入れた寄せ植え(ギャザリング)

 

今回お話を伺うのは寄せ植え・ギャザリング歴半年という30代の方。

昨年結婚して専業主婦になり、時間に余裕ができたことからはじめられたそうです。

 

そもそも独身の頃一緒に暮らしていたお母様が緑や花がお好きで、ガーデニングに馴染みがあったようです。

しかし昨今のコロナの影響が大きく、あまり外に出て人に会うのも憚られる状況だった中、「緑で癒されたい!」との思いが大きなきっかけのようです。

 

今回は料理にも使用ができるということで、オレガノローズマリーなどのハーブの寄せ植えをご紹介いただきます。

 

 

 

プランターダイソーで購入

全部で2,060円(税抜)くらいでした。

プランター(200円)はダイソーで購入しました。

 

野菜花用の土(200円)とハーブ(各380円)、スコップ(100円)は園芸店で購入しました。
液体肥料(800円)はホームセンターで購入。

 

ハーブは強くて放っておいても割と成長するので、液体肥料はいらなかったかも知れません。

 

 

テーマはシンプル。最初はハードルを低く。

テーマはシンプルです。

初めてなので、お試しのシンプルな寄せ植えです。本当は丸いプランターにもっとおしゃれにしたかったですが、最初はハードルを低くしてやってみました。

 

ハーブ系は根が強く生い茂るため、違う種類を近づけると根っこが絡んでしまうと聞いたので、少し離した感じにしました。

 

土に穴を開けて苗を植えましたが、土と苗が馴染まない感じがして、土を上から足してみたりしたところが苦労したポイントです。

 

オレガノやローズマリーなどのハーブを取り入れた寄せ植え(ギャザリング)

 

あと、ベランダの白いコンクリートの床で作業したので、かなり汚れました。

新聞紙などをひいてから作業するのがおすすめです。

 

寄せ植えをしてから、2週間ほどすると特にオレガノはかなり成長して、まさに生い茂ってきました。

あまりにもボリュームが出てしまい、森みたいになったので、枝を切って水耕栽培もしています。

 

 

ハーブは虫除け効果もあるので、夏は特におすすめ

私もまだ初心者ですが、ハーブは割と育てやすいと思います。

水やりさえすれば、よっぽどのことがない限り枯れることはありません。
それにハーブは虫除け効果もあるので、夏は特におすすめです。

 

お料理に使える品種を選ぶと、一石二鳥です。
私はオレガノをお肉料理に、ローズマリーをお魚料理に使っています。

 

ベランダから摘んですぐ使うのでフレッシュさが違います。必要なものも安価に手に入れることができるので、気軽な気持ちで始めることができると思います。

 

動画などを参考に寄せ植えをはじめられても良いと思います。

 


www.youtube.com

 

 

 

使用した植物

 

 

観賞用というより実用的?ハーブ(ローズマリー・コモンタイム)の寄せ植えのアイデア

立生ローズマリー・コモンタイムを取り入れた寄せ植え(ギャザリング)

 

こちらの寄せ植えを見せてくれたのはハーブ歴20年というベテランさん。

 

ハーブの寄せ植えは、キッチンの周辺に置いておくと料理に添えたりできてとても重宝するそうです。

 

しかしハーブはもともと野草であるために、成長が早く根が絡み合って植え替え時に大変であったり、水はけのよい土と通気性を好むため、常に選定などに気を付けて形を整えることで虫や病気も防がないといけないなど、注意点がいくつかあるようです。

 

それではこちらの方に詳しくお話を伺ってみましょう。

  

園芸店でローズマリー385円、コモンタイム158円

じつを言うと、この夏は夏バテでガーデニング仕事がほとんどできず、おそろしいことに雑草が生えまくりでかなり大株になっていたローズマリーが枯れてしまいました。

 

なので、先月あわてて必死に探しまくって、園芸店でローズマリー385円、ホームセンターでコモンタイム158円で買ってきて、家にあった素焼き鉢に植え替えたのです。

植え替えは10分足らずでできました。

 

ローズマリーやコモンタイムは観賞用というより実用的

ちょっと時期が外れていたので、苗を探すのに苦労しましたが、寄せ植えに関しては何の苦労もしていません。

このローズマリーとコモンタイムの寄せ植えは、冬の間もキッチンの窓辺におくことで、お料理に気軽に使うことが出来ます。

 

白ワインとガーリックとオリーブオイルとローズマリーとタイム、他にイタリアンパセリとかセージがあれば、お肉も魚も地中海風のいい香りのごちそうになります。

 

またローズマリーはお風呂に入れるとか、冬の乾燥や美容のための手足浴に、ちょこちょこと枝を切って木綿の袋に入れるのですが、お肌がすべすべになります。

 

結局、ハーブの中でもよく使うこの2種類の寄せ植えは、観賞用というよりは、かなり実用的な感じがしますね。

 

ハーブは寄せ植えにしてキッチンの窓辺に置くのがおすすめ

ハーブの寄せ植えは、どちらかと言うとそのまま育てるというよりは、一時的に使うものとしてお料理用などを一緒に植えて、使うことを目的としたものだと思います。

 

余裕があれば、お庭やベランダのコンテナで大きな苗を育てておいて、挿し木などで増やしたものを寄せ植えにしてキッチンの窓辺に置くのがおしゃれでおすすめです。

ただし毎年植え替えてあげるのを忘れないようにしましょうね。

 


www.youtube.com

 

使用した植物

料理に使えて食べられるからさらに楽しい!ハーブ(タイム・ルッコラ・バジル)の寄せ植え体験談

タイム・ルッコラ・バジルを取り入れた寄せ植え(ギャザリング)

「ハーブの雑誌を読んで、その世界観がとても魅力的に感じた」

そう話してくれたのは寄せ植えビギナーの30代の女性。

 


庭で多くのハーブを育て、実際に食して、植物と共に生活している方の話が書かれた雑誌を読み、その姿がとても美しく健康的だったことからハーブを育てようと思われたそうです。

 

お花の寄せ植えの経験はあったそうですが、ハーブを育てるのは初めてだったそうで、食べれるハーブを選び、実際に体験してみようと思われたようです。

 

それでは詳しくお話を伺ってみましょう!

 

ホームセンターと100円ショップで道具・食料を購入

ホームセンターにて1つの苗200円、プランター600円、ハーブ用の土700円、中に敷く石や石を入れる網など500円。

100円ショップにて小さなシャベルと、園芸用の手袋、小さなジョウロ、土の上に飾る雑貨を購入しました。

かかった時間は30分ほどです。

 

いざ寄せ植えをするとすぐに終わるのですが、土で汚れてもいい場所へ必要なものを準備したり、自分も汚れてもいい恰好へ着替えたりで準備の時間の方がかかりました。

寄せ植え自体の時間は10分で終わります。簡単であっという間です。

 

 

食べるため薬も使いたくない…虫の対処に苦戦。

タイム・ルッコラ・バジルを取り入れた寄せ植え(ギャザリング)

テーマは、小さなハーブガーデンです。

育った時にあふれるくらい生い茂ってほしいなと思い中央へ寄せて植えました。
大きくなることも考えて、3種類以上は植えませんでした。

背の高いものは後ろへ。背の低いものは手前に置き、見栄えをよくしました。

 

苦労した点は、アブラムシです。
結果的にルッコラにアブラムシがついてしまい、初めてでどうすればいいのかわからなかったです。

食べるため薬も使いたくないと思い、酢やトウガラシを入れた手作りスプレーを使いましたが、根本的な解決にはなりませんでした。

バジルやタイムへはうつりませんでしたが、ルッコラは最後食べれないほどに増えてしまいました。

 

しかし総合的には、お料理に使った時にとても嬉しかったのとふとベランダを見たときのグリーンに癒されました。
バジルはハーブソルトとして塩と一緒に瓶につめてお料理に使ったり、イタリア料理に使ったりと楽しませてもらいました。

 

 

料理に使えるハーブを選ぶとさらに楽しい!

花の寄せ植えほど華やかな見た目ではありませんが、ハーブならではのグリーンに思ったより癒されます。

お料理にすぐ使えるようなハーブを選ぶと、使える用途も広く楽しめます。

注意点はやはり虫かなと思います。私のような自分流ではなく、しかるべき王道な対処をすることで、より長く楽しむことができると思います。

 

おしゃれなカフェでだされるハーブを是非ご自宅でも楽しんでみてください。

 

ハーブのある暮らしの参考に以下のような動画はいかがでしょうか。

 


www.youtube.com

 

 

使用した植物

銀月・センベルビウムなどの多肉植物を苔玉仕立てに!親子で楽しめる寄せ植えとは

多肉植物を取り入れた寄せ植え(ギャザリング)

 

リメイク缶や流木に乗せられて可愛く植えられているのは、苔玉仕立てにされた「銀月・センベルビウム・セダムミックス」などの多肉植物

 

「ひとつひとつの植物は安価なものであっても、寄せ植えにすればゴージャスになる!」とのことで、いつも寄せ植えにして楽しまれているようです。

また、特に多肉植物は水やりがあまり必要ではないので大活躍とのこと。

 

玄関アプローチなど屋外の寄せ植えもにぎやかで素敵ですが、室内に飾る植物も寄せ植えにするとポップで楽しい作品になりますね。

 

今回は、こちらの寄せ植えを見せてくださった寄せ植え歴20年にもなるベテランの方に、多肉植物を用いた寄せ植え・ギャザリングのアイデアを伺いました。

 

バラして寄せ植えにすればお得感がある!

近所の普通の園芸店で購入しました。
特殊な品種や希少品種でなければ、ホームセンターでも買うことはできると思います。

多肉は400円×4鉢くらいですが、挿し木で3〜4本植わっているので、バラして寄せ植えにすれば数個作れてお得感がありますね。

作成時間はひとつ10分もかからないと思いますが、苔玉に不慣れな方だと30分くらいかかるかもしれません。

 

ただ普通に植えるだけではつまらない!コラボレーションを楽しむ

室内に飾れるものをということで、多肉の寄せ植え作りにチャレンジしました。
ただ普通に植えるだけではつまらないので、苔玉仕立てにして、いろんなものとコラボレーションしようと考えました。

 

ふやかした水苔に、普通の培養土とあく抜きベラボンを少し混ぜたものに緩効性の元肥を少々混ぜたものを置いて、球状にしておにぎりの様に握ったのち、木綿の糸でぐるぐると巻いて形作りました。
苔玉ができてから千枚通しで穴をあけて、ばらして一本にした多肉を埋めて、隙間に水苔を詰め込んで、固定すれば完成です。

多少根っこが切れてもすぐ再生するので大丈夫です。
苔玉が安定するように重心を考えて植えつけます。

 

多肉の苔玉仕立てのコツは、背の高いものと低いものをバランスよく配置することです。

 

多肉植物である銀月・センベルビウム・セダムミックスを取り入れた寄せ植え(ギャザリング)

 

多肉植物の寄せ植えは親子で楽しめる!

多肉の寄せ植えは、園芸に不慣れな方や、お子さんでも簡単にできるので、親子でチャレンジするのもおすすめですよ。

普通の植物のように根っこをいじると枯れてしまうという繊細さはないので安心です。
むしろ根っこのない挿し穂の状態で寄せ植えにしてもいいくらいなので、気負わず多肉の寄せ植えやってみてくださいね。アンティーク缶など使うとおしゃれに仕上がります。

 

こちらの動画も参考になさってください。


www.youtube.com

 

使用した植物

肩肘張らずに気楽に楽しめる!多肉植物の短毛丸を取り入れた寄せ植えのアイデア

短毛丸(たんげまる)を取り入れた寄せ植え(ギャザリング)

 

今日お話を伺うのは、バースデープレゼントとして受け取った多肉植物がとても可愛くて寄せ植えをしてみようと思われた方です。

 

「プレゼントにせっかくいただいたものだから」というモチベーションでスタートされ、よく育つように、見た目もよくなるようにと寄せ植えをがんばられたようです。

 

それでは、短毛丸を取り入れた寄せ植えのアイデアを伺ってみましょう!

 

もっと道具に凝ってみてもいいかも

寄せ植えにかかった費用は1000円くらいでしょうか。
買ったのは鉢や土、肥料などで、ホームセンターで購入したと思います。

霧吹きのかわりにその辺のボトルを使用していたり、スコップではなくショベルを使ったりと、今は間に合わせの道具で行っている作業も多いです。

 

もっと道具に凝ってみることもできると思うので、これからもうちょっと費用が発生してくるかもしれません。

 

いろんな植物を取り入れて、にぎやかな寄せ植えに

写真に撮った寄せ植えのテーマは、「鉱物」です。

 

母岩から鉱物の原石がにょきにょきと生えているような、そんな心温まる雰囲気を目指して寄せ植えをしてみましたがいかがでしょうか。

 

短毛丸を取り入れた寄せ植え(ギャザリング)

 

鉱物の原石というものは、どこかしら植物と似通った雰囲気を感じさせるものがあるというのがわたくしの常日頃からの持論ですが、多肉植物というのはとくにそういう「鉱物っぽさ」を存分に味わうことのできる植物なのではないかと思っております。

 

今は単一の多肉植物しか植わっておらず、いうなれば水晶だけのクラスターのような状態ですが、まだスペースもあることですし、そのうちほかの多肉植物やその他の植物も植えてみたいと思っています。

 

にぎやかな寄せ植えになること間違いなしです。

 

寄せ植えの魅力は、手軽に癒しを取り入れられること

寄せ植えというと専門的な感じがして、挑戦するのにもしり込みしてしまう人がいるかもしれません。

ですが、やってみるととても簡単で、かつ見栄えもするので、すごく楽しめると思います。

 

多肉植物はとてもおおらかです。
手軽に癒しを日々の生活に取り入れることができるのが魅力の寄せ植え。

肩肘張らずに、気楽に楽しんでみてください。

 


www.youtube.com

 

使用した植物

  • 短毛丸

 

 

アイデア次第で無限大。家のインテリアに合わせたサボテンなどの多肉植物の寄せ植え

サボテンを取り入れた寄せ植え(ギャザリング)

 

アメリカで人気のおもちゃのワゴン「ラジオフライヤー」を用いたサボテンの寄せ植えのアイデアをご紹介します。

 

今回アイデアを教えていただくのは、もともと観葉植物やガーデニングが好きで、庭にある多肉植物が繁殖してしまい、どうにか活用できないかと考えて思いついたのが多肉植物の寄せ植えだったという方です。

 

ダイソーなどの100円圴一も活用し、寄せ植えの材料や多肉植物を購入されているそうですよ。

 

 

作業の前にバランスを決めるためにスケッチを描く

ダイソーやホームセンター、家の庭に自生したもの、ガーデンセンターなどでも購入しています。

費用は大体一つ100〜400円ほどです。

一つの寄せ植えを作る際、かかる時間は大体1〜2時間ほどです。

最初にある程度スケッチをしてバランスを決めた後に寄せ植えを作っていくので少し時間がかかる方だと思います。

 

植物は家のインテリアのテーマに合わせた色味で選ぶ

家のインテリアのテーマがビンテージアメリカということもあり、はっきりした色味の小物に植えることが多いです。

今回写真にアップしたラジオフライヤーのおもちゃとプライマリーカラーの鉢植えを使用しましたが、どちらもバランスと植える量が難しかったです。

 

赤のラジオフライヤーのおもちゃはある程度どれくらいの大きさになるかをあらかじめ考えて余裕を持たせて植えたいので若干隙間が気になるなぁという程度に植えています。

が、一方の青と黄色の鉢は小さめなので多肉の扱いに苦労しました。

ピンセットで優しく触らないと壊れてしまうので慎重に大きいものから小さいものと言うふうにできるだけ隙間がないように植えることを意識しました。

 

サボテンを取り入れた寄せ植え(ギャザリング)

 

イデア次第で無限大。少しの工夫で世界に一つだけの寄せ植えを

多肉植物はとても丈夫で強い植物です。
葉っぱ一枚でも増殖可能です。

あまり難しく考えずお部屋のインテリアに合わせて鉢や植える道具を工夫すると世界に一つだけの自分の寄せ植えが作れると思います。

ある程度大きくなると間延びしてくるのでその際は一回り大きい鉢植えに植え替えてあげるとまた楽しめます。
多肉植物は自分のアイデア次第で無限大の可能性があると思います。 

 


www.youtube.com

 

使用した植物

  • サボテン2種類