寄せ植え・ギャザリングのアイデア【園芸ブログ】

ガーデン好きの方からいただいた寄せ植え(ギャザリング)のアイデアや体験談を集めました。

黒竜はグランドカバーや寄せ植え向き?寒暖・乾燥にあまり手のかからない寄せ植えのアイデア

ミセバヤ・セダム・黒竜を取り入れた寄せ植え(ギャザリング)

 

今回アイデアをご紹介いただくのは、黒竜の栽培に興味を持ったことをきっかけに寄せ植えを始められた方です。

 

黒竜は単品で楽しむよりは、グランドカバーや寄せ植えの脇役に向いているということで、黒竜を使った寄せ植えに挑戦されたそうです。

初心者ということでなるべく頑丈な植物を用いたいとの考えで、寄せ植えのメインは多肉植物を選ばれているとのことです。

 

それでは詳しくお話を伺っていきましょう!

 

植物・材料は大手通販サイトや近所の園芸店で

ハンギングプランターは大手通販サイトで500円ほど、植物3種はミセバヤが350円ほど、セダム黒竜は各200円ほどで近所の園芸店で購入し、合計1500円もかかっていません。

小さいプランターなので、植え込みも20分ほどで完了しました。

 

 

寒暖・乾燥にあまり手のかからない寄せ植えを

黒竜のアクセントをどのように入れるかと、できるだけ寒暖や乾燥に強く手のかからない寄せ植えを作るというところに重点を置きました。

 

ミセバヤは頑丈さの点でその条件にピッタリで、また同じ環境で生育できる多肉植物セダムは、見た目の点でもミセバヤと合わせやすかったです。

 

結果として、一年通して見栄えを維持できる寄せ植えができました。

 

ミセバヤ・セダム・黒竜を取り入れた寄せ植え(ギャザリング)


ひとつ大変だったのは、セダムが特に頑丈すぎてどんどん繁殖し、ミセバヤを飲み込む勢いだった点です。

 

他の植物との境目を定期的にお手入れすることでバランスを維持しました。

 

セダムの繁殖はプランターからはみ出していくほどだったので、その点ではハンギングプランターを選んで正解だったと思います。

 

 

似たような環境・条件で生育できる植物同士を選ぶと維持しやすい

寄せ植えを作る際は、似たような環境や条件で生育できる植物同士を選ぶと維持しやすいと思います。
最初は見栄えのセンスを気にしがちですが、どんな植物でも植え込んでみると愛着が湧いてきます。

 


www.youtube.com

 

それでも植物の組み合わせに迷う場合は、園芸店ですでにセッティングされている寄せ植えを見て、参考にするのが良いと思います。

 

使用した植物