寄せ植え・ギャザリングのアイデア【園芸ブログ】

ガーデン好きの方からいただいた寄せ植え(ギャザリング)のアイデアや体験談を集めました。

料理に使えて食べられるからさらに楽しい!ハーブ(タイム・ルッコラ・バジル)の寄せ植え体験談

タイム・ルッコラ・バジルを取り入れた寄せ植え(ギャザリング)

「ハーブの雑誌を読んで、その世界観がとても魅力的に感じた」

そう話してくれたのは寄せ植えビギナーの30代の女性。

 


庭で多くのハーブを育て、実際に食して、植物と共に生活している方の話が書かれた雑誌を読み、その姿がとても美しく健康的だったことからハーブを育てようと思われたそうです。

 

お花の寄せ植えの経験はあったそうですが、ハーブを育てるのは初めてだったそうで、食べれるハーブを選び、実際に体験してみようと思われたようです。

 

それでは詳しくお話を伺ってみましょう!

 

ホームセンターと100円ショップで道具・食料を購入

ホームセンターにて1つの苗200円、プランター600円、ハーブ用の土700円、中に敷く石や石を入れる網など500円。

100円ショップにて小さなシャベルと、園芸用の手袋、小さなジョウロ、土の上に飾る雑貨を購入しました。

かかった時間は30分ほどです。

 

いざ寄せ植えをするとすぐに終わるのですが、土で汚れてもいい場所へ必要なものを準備したり、自分も汚れてもいい恰好へ着替えたりで準備の時間の方がかかりました。

寄せ植え自体の時間は10分で終わります。簡単であっという間です。

 

 

食べるため薬も使いたくない…虫の対処に苦戦。

タイム・ルッコラ・バジルを取り入れた寄せ植え(ギャザリング)

テーマは、小さなハーブガーデンです。

育った時にあふれるくらい生い茂ってほしいなと思い中央へ寄せて植えました。
大きくなることも考えて、3種類以上は植えませんでした。

背の高いものは後ろへ。背の低いものは手前に置き、見栄えをよくしました。

 

苦労した点は、アブラムシです。
結果的にルッコラにアブラムシがついてしまい、初めてでどうすればいいのかわからなかったです。

食べるため薬も使いたくないと思い、酢やトウガラシを入れた手作りスプレーを使いましたが、根本的な解決にはなりませんでした。

バジルやタイムへはうつりませんでしたが、ルッコラは最後食べれないほどに増えてしまいました。

 

しかし総合的には、お料理に使った時にとても嬉しかったのとふとベランダを見たときのグリーンに癒されました。
バジルはハーブソルトとして塩と一緒に瓶につめてお料理に使ったり、イタリア料理に使ったりと楽しませてもらいました。

 

 

料理に使えるハーブを選ぶとさらに楽しい!

花の寄せ植えほど華やかな見た目ではありませんが、ハーブならではのグリーンに思ったより癒されます。

お料理にすぐ使えるようなハーブを選ぶと、使える用途も広く楽しめます。

注意点はやはり虫かなと思います。私のような自分流ではなく、しかるべき王道な対処をすることで、より長く楽しむことができると思います。

 

おしゃれなカフェでだされるハーブを是非ご自宅でも楽しんでみてください。

 

ハーブのある暮らしの参考に以下のような動画はいかがでしょうか。

 


www.youtube.com

 

 

使用した植物