寄せ植え・ギャザリングのアイデア【園芸ブログ】

ガーデン好きの方からいただいた寄せ植え(ギャザリング)のアイデアや体験談を集めました。

観賞用というより実用的?ハーブ(ローズマリー・コモンタイム)の寄せ植えのアイデア

立生ローズマリー・コモンタイムを取り入れた寄せ植え(ギャザリング)

 

こちらの寄せ植えを見せてくれたのはハーブ歴20年というベテランさん。

 

ハーブの寄せ植えは、キッチンの周辺に置いておくと料理に添えたりできてとても重宝するそうです。

 

しかしハーブはもともと野草であるために、成長が早く根が絡み合って植え替え時に大変であったり、水はけのよい土と通気性を好むため、常に選定などに気を付けて形を整えることで虫や病気も防がないといけないなど、注意点がいくつかあるようです。

 

それではこちらの方に詳しくお話を伺ってみましょう。

  

園芸店でローズマリー385円、コモンタイム158円

じつを言うと、この夏は夏バテでガーデニング仕事がほとんどできず、おそろしいことに雑草が生えまくりでかなり大株になっていたローズマリーが枯れてしまいました。

 

なので、先月あわてて必死に探しまくって、園芸店でローズマリー385円、ホームセンターでコモンタイム158円で買ってきて、家にあった素焼き鉢に植え替えたのです。

植え替えは10分足らずでできました。

 

ローズマリーやコモンタイムは観賞用というより実用的

ちょっと時期が外れていたので、苗を探すのに苦労しましたが、寄せ植えに関しては何の苦労もしていません。

このローズマリーとコモンタイムの寄せ植えは、冬の間もキッチンの窓辺におくことで、お料理に気軽に使うことが出来ます。

 

白ワインとガーリックとオリーブオイルとローズマリーとタイム、他にイタリアンパセリとかセージがあれば、お肉も魚も地中海風のいい香りのごちそうになります。

 

またローズマリーはお風呂に入れるとか、冬の乾燥や美容のための手足浴に、ちょこちょこと枝を切って木綿の袋に入れるのですが、お肌がすべすべになります。

 

結局、ハーブの中でもよく使うこの2種類の寄せ植えは、観賞用というよりは、かなり実用的な感じがしますね。

 

ハーブは寄せ植えにしてキッチンの窓辺に置くのがおすすめ

ハーブの寄せ植えは、どちらかと言うとそのまま育てるというよりは、一時的に使うものとしてお料理用などを一緒に植えて、使うことを目的としたものだと思います。

 

余裕があれば、お庭やベランダのコンテナで大きな苗を育てておいて、挿し木などで増やしたものを寄せ植えにしてキッチンの窓辺に置くのがおしゃれでおすすめです。

ただし毎年植え替えてあげるのを忘れないようにしましょうね。

 


www.youtube.com

 

使用した植物